« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

女の子を描く時間がないならすりーでぃーでもやればいいじゃない

 ゲームとかしている所為で時間がないという酷い理由で書いたり描いたりしていません。

 ペンタブすら出してねぇや。

 肩と胸のテクスチャをちょろっとだけ描く。自己照明(アンビエント)100%じゃないと違いが分からないけどね。

 もしかしたらもう少しだけハデにするかもしれない。08056

|

2008年10月30日 (木)

今日も時間がなかったので

 背中と首周りをちょろっと造っただけなので見た目はこの前とあまり変わらない。UVのことを考えながら造るのでこれだけでもかなりの時間がかかる。

 動かざるごと鈍亀の如く。08055

|

2008年10月29日 (水)

めがぬーラフ

 きょぬーにするべきか。ひんぬーにするべきか。

 それが問題だ。

 ホントは昨日これを上げようとした。08054

|

2008年10月28日 (火)

ローでポリで

 今日はホントに時間がないので造りかけの物を上げる。08053

|

2008年10月27日 (月)

まあ、所謂途中経過の絵

 たまには普段使うことのない髪の色で塗ってみようかと。でも服の色はもう一寸淡い色の方がいいかもしれない。

 別にネタがないから上げたんじゃないからね!08052

|

2008年10月25日 (土)

そろそろ全身絵や背景とか描かないとヤバイ気がする

 描かないといけないなと思っているのに描く気力がない。いや、正確には何を描きたいのかが分からない。アイデアもモチーフも画力も何にもないよ…………orz

 とにかく考えなしで描くとドージンワークのあの話のように向き固定になるから困る。08051

|

2008年10月23日 (木)

画像合成には二通りある

 減色した画像の合成には相性のいい組み合わせ方と悪い組み合わせ方の二通りあるくま。

 相性のいい組み合わせ方は基本的に16色と16色あるいは16色と256色で、悪い組み合わせ方は256色と256色だくま。

 だけど、16色と16色を合成して256色で保存するとなんだか損した気分になるくま。そう言うときは、同じ色を使っている画像どうしで組み合わせるといいくま。

 逆に正反対の色を組み合わせると失敗する確率が高いくま。赤い画像に青や緑を使ったりするのがいい例だくま。また、明るい色に地味な色を使うのも相性が悪いくま。但し、白と黒はどの画像でも大抵使われていたりするので合成しても問題ないことが多いくま。

 それから、合成した画像がピンポイントで劣化する時は、そこだけ劣化しにくい色の画像を使って隠してしまうのも手だくま。全く、人間はいい所よりも悪い所の方が目に付いてしまう生き物だくま。相手のいい所をよく見るちびくま族を見習って欲しいものだくま。

 と、説教臭くなった所でお開きにするくま。いつもの通り個人の偏った見解なので文句は一切抜きだくま。それから、

 コンゴトモヨロシク。

モルテ「女神転生乙」

トッピー「くま」

|

2008年10月22日 (水)

減色する理由には二通りある

 減色が行われる理由として一つは容量削減が目的なのともう一つは処理速度の向上の二通りあるくま。

 容量削減については前回、あらかた言い尽くしたので参照するといいくま。今回は、処理速度の向上について語ってみるくま。

 パソコンと言うのはデータの大きさによって処理される時間が左右されるんだくま。

 データが小さければ早く、データが大きければ遅くなるんだくま。

 当たり前だと言われれば当たり前だけれど、新しいパソコンを使っている人達が体感することは一部を除いてあまりないくま。

 それなら減色しなくてもいいやと言うのは早計だくま。ゲームに使われる画像と言うのは一つや二つじゃないくま。オンラインゲームなんかがいい例だくま。

 オンラインゲームは不特定多数の人間が同時に参加しているため常に処理をし続けているゲームだくま。しかも、処理速度が回線に依存するからデータが大きいと昔のグラディウスみたいになってしまうくま。だから、大抵は減色しているんだくま。これは2Dでも3Dでもあまり変わらないみたいだくま。

 カードワースはオンラインじゃないけれどセーブやロードにかかる時間は早いことに越したことはないくま。

 と、言うことでくまった時のちびくま講座はお開きにするくま~。これは一人の偏った見解だから間違ってても文句は言わないで欲しいくま~。それから、減色したビットマップはLAW圧縮すると処理時間が余計にかかるからやめておいたほうがいいくま~。
モルテ「ねえ、トッピー。この一部って、夏に海まで自分の作った漫画を売りに行く連中のことよね。あと、オチがこの前と殆ど同じ」

トッピー「……くま」

|

2008年10月21日 (火)

減色には二通りある

 一般的にフリーゲームで行われる減色には16色の4ビットカラーと256色の8ビットカラーの二通りあるくま。

 4ビットカラーは奥行きに16個のボールが入る箱、8ビットカラーは奥行きに256個ボールが入る箱として考えるといいくま。これはビットマップの容量計算方法が縦×横×高さの立方体と同じだからだくま。

 1ドットの画像を減色なしで開くと小さな点にしか見えないけれど表示されない部分に視点をずらすとバベルの塔のようになってるはずだくま。これでは残りの何十万色もが無駄になってしまうくま。

 1ドットでなくてもカードワースのカード絵なんかは一度に使える色の数が6956色までだからフルカラーにしておく意味はないくま。

 残りの6700色は使うかもしれない? それに関してもあまり気にする必要はないくま。

 例えば、人物カードの肌色一つにしても色の区別が出来るのは三つか四つ、よくても六色ぐらいが限界だくま。残りは色が近すぎて人間の目では区別がつかないくま。

 だから、ベースとなる色がよほど多くならない限り減色しておくことをお勧めするくま。

 え? 伺ったり伺わなかったりするアレはどうすればいいくまって? そう言うときはパーツごとに切り出して後からelementでくっつけてやればいいくま。これなら減色の影響を受けることも少ないくま。

 因みに16色はベースになる色が二色か三色で収まる時に使うといいくま。

 これにてくまった時のちびくま講座を終えるくま~。言い忘れたけどこれは個人の偏った見解だから間違ってたり外れてたりしてても文句は言わないで欲しいくま~。

モルテ「でも、1ビットカラーもよく使うから実際三通りよね」

トッピー「くま…………」

|

2008年10月20日 (月)

伺ったり伺わなかったりするアレ

 とりあえず、ベータテスト版のフリーシェル。

 OSが太古の遺物なのでPNAなんてハイカラな物は入っていません。自力でどうにかしてやるぜ! と、言う人だけどうぞ。08050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「overall.zip」をダウンロード

 更新履歴。

 2009/0729 inst.txtを入れてzipに。

|

2008年10月19日 (日)

絵師には二通りある

 フリーゲームのキャラクター画像を手がける絵師さんにはパソコンに触れる前から描いていた美術系の絵師さんとパソコンのゲームに携わってから絵を描くようになった技術系の絵師さんの二通りあるくまー。

 この両者の見分け方は主に縮小画像の透過方法でおおよそ分かるんだくま。

 美術系の絵師さんは描いた絵を縮小してから透過色を設定するけど技術系の絵師さんは透過色の設定を大方終えてから縮小するんだくま。

 これは描いた画像の一枚一枚を作品と考えるのと画像は作品の一部として考えると言う根本的な違いがあるんだくま。

 透過の設定については技術系の絵師さんの方法が早くて確実だくま。でも、絵の上手さは美術系の絵師さんの方が断然、上手いくま。なんたって年季が違うからだくま。

 因みにこれは個人の偏った見解で、データとか取っていないし美術系とか技術系とか言うのも便宜状の物だからあまり本気にしないで欲しいくま。

モルテ「で、結局何が言いたいワケ?」

トッピー「くまー」

|

2008年10月13日 (月)

金髪少女と魔法の本

 イラボに投稿しようとしたけれど一寸した都合で没にしたヤツ。

 表情差分が多いので伺かのフリーシェルでも造って再利用しようかと。まあ、OSが古いんでPNA透過ファイルの設定のしようがないんだけれど。

 因みに表情は趣味。08048

|

2008年10月 3日 (金)

塗ったキャストの九割は無駄になる

 キャストをカード化してアップロード。

 画像をどこで切るかで迷ったり、迷ったり、迷ったり迷ったり…………08100101 08100102 08100103 08100104 08100105 08100106 08100107

 

 

 

 後おまけ。

 自己責任。あくまで自己責任と言う名の責任逃れ。とりあえずPC専用と言うことで。Omake1 Omake2

|

2008年10月 2日 (木)

キャスト塗り、だから配色には苦労する

 ようやく七枚目。

 初めは髪の毛ピンクにしようかと思ったけれどスカートとか赤く塗ったら似合わなくて黒髪に変更。徒然は色彩感覚のなさに定評があるから上手く描けたと思ってもそんなことないんだぜ。

 とりあえずカードは明日の深夜以降に。08047

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »