« 太陽光パネル | トップページ | 今日はジャンル別に報告と言うか戯言 »

2009年6月28日 (日)

太陽光パネル

 今日は太陽電池の話。

 昨今、補助金も出て十年もすれば元が取れる謳い文句で流行になってる太陽電池。

 本当に儲かるのは太陽電池を売る側だけではないだろうか。

 屋内で使用する太陽電池付きの計算機思い浮かべてもらいたい。

 初めは軽快に動いていた物が何年も使い続けているうちに電源の点きが悪くなったり液晶の表示が薄くなったりすることが多々ある。

 これは太陽電池が発電力を消耗してしまったからだ。

 屋根に設置される太陽電池も同じことが言える。

 日中、延々と太陽の下に晒しているのだから品質に何の問題もおきない筈がない。

 太陽電池を買って四、五年は大丈夫だろうが十年も経てば品質はがた落ちである。

 そうならないためには掃除とメンテナンスは必須で、それにかかる経費で生産した電力を費やすことになるのである。

 要するに原価償却を考えて買ったほうがいいよと言う話。

 まあ、個人の勝手な考えだから間違ってるかもしれないけれど数年後の品質についても聞いておくといいよ。

 話がギャラリーに全然関係ねぇ。09097

|

« 太陽光パネル | トップページ | 今日はジャンル別に報告と言うか戯言 »

Gallery」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事